FC2ブログ

インド

2007年05月14日 16:34

八百屋さんはもちろん、
商売をする上で必要ものの一つに
間違いなくあるのが
「計算力」
悪い言い方をすれば金勘定ですが・・・

日本には
古くから
「そろばん」という
計算力を上げる上で
この上ない学問そして技術がありますし、
小学校2年生から
「九九」という
当人にとっては憂鬱でも
世界に誇る算数大国の一員としての
基礎中の基礎を身につける文化があります。
かくいうわたしも
毎夕、何も見ずコレを間違いなく言わないと帰れないと言う
今では当たり前の「ノルマ」というものを
小さな体と心で経験しまして、
何とか今でも覚えております。

がしかし、
このごろにおいて
コレをはるかに凌駕する
算数大国が生まれております。

そう
インドです。

いまや、IT分野において
世界一とまで言われるこの国の
計算力、もしくは数学力といったら
それはそれはすさまじいものがあります。

なぜなら

先ほど述べた
「九九」から違うのです。
正確に言うと
「九九」ではなく
「一九一九」
1×1~9×9が日本なら
1×1~19×19を子供たちが覚えるのが
インドなのです!

ちなみに
先日、フリーソフトで
この「一九一九」の穴埋めゲームをやってみました。
1の位は省略して11×1からやってみたのですが、
完成するまで、なんと、
21分。
私の計算能力が低いと言うこともあるでしょうが、
これを小学校低学年の子がせっせと覚えているかと思うと、
感心するやら同情するやら・・・・

頭のやわらかい子供のころに
どれだけ、たくさんのことをインプットできるかが
下手すればその人の将来を左右するわけで、
末恐ろしい国です。

商売人の集まりなこの会社ですが、
私も含め、計算機に頼る日々なのは確か。
脳トレ代わりに
練習するのも一つの手かも。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://vegetandayori.blog83.fc2.com/tb.php/68-7f8b31b2
    この記事へのトラックバック