スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まき大会

2009年10月04日 11:58

10月3日(土)
神奈川県相模原市津久井町において、
九州屋初となる、
自社の土耕農場、
「ベジタンファーム」がスタートしました。
まず最初のイベント(作業?)として、
春田農園、春田耕平さんの指導を仰ぎながら
約1反強の畑に
7種類の作物の種まきを行いました。

vf20091003_01
除幕式。(ブルーシートでごめんなさい)

vf20091003_02


vf20091003_03
ベジタンファームの全貌です。
1反2畝(せ)、約1000平方メートルです。

夏の太陽熱を利用した
雑草よけのビニールシートで覆われており、
まずはこれを剥がす作業です。
vf20091003_04
うねに沿って一枚ずつの
長いシートになっており、
まずは上にたまっている雨水を端まで移動させ、落とし、
アコーディオン状に畳んでいきます。

vf20091003_05
ビニールが取り除かれ、
きれいな土が出てきました。

いよいよ種まきです!!

vf20091003_06
直径1ミリにも満たない、
粒状の種を受け取ります。

こんな小さな種から作物が育つかと思うと、
植物のチカラの偉大さを感じます。
vf20091003_07
今回は体験が主ですので、
播種機は使いません。
手で、指で一つずつ植えていきます。

がしかし、
ここにきて雨が…

vf20091003_08
一粒ずつ植えなければいけないのですが、
雨にぬれると、
この小さな種たちは、
指にくっつきます。
どうやっても3~4粒ついてしまうのです。

vf20091003_09
さらに雨が…

それでも
土の魅力に取りつかれた人たち。
作業続行は良いけど
カッパは必須ですね。

vf20091003_10
いよいよ最後の大詰め。
最後は種ではなく
のらぼう菜の苗を定植します。
vf20091003_11
うねに沿ってビッチりしかれたビニールに穴をあけ、
苗を植えます。

vf20091003_12
完成!!
元気に大きくなりますように。

vf20091003_13
皆さんお疲れ様でした。


今回まいたのは、
チンゲン菜
ほうれん草
水菜
小松菜
ルッコラ
ラデッシュ
グリーンピース
のらぼう菜(苗)

普段売り場で売っているだけでは
見えてこない
商品ではなく、作物、植物としての姿、
一つ一つの作業の大変さ
そして、
自然の素晴らしさを体感することができました。

今後も
イベント(作業?)盛りだくさんです。

その都度ご報告します。

最後に
春田さんありがとうございました。

スポンサーサイト

町田店。

2009年10月04日 10:30

10月1日より、
神奈川県相模原市津久井町からの
地場野菜コーナー
「耕平の野菜」が開設、
販売を開始しました。
tukuicorner_01

1日、2日は
生産者である
春田耕平さんが実際に店頭に立ち、
販売までを行いました。
tsukuicorner_02

前日の夕方収穫したものを、
当日の早朝にパッケージし、
軽トラックで直接納品します。
tsukuicorner_03


まだ26歳の
若き農業経営者ですが、
農大出身で、農業法人での研修を経ており、
栽培のノウハウはもちろん、
販売の経験もあることから、

私たちのほうが
教えられることばかりです。

何より、
この野菜は
うまい!。

できるだけ農薬を使わず、
有機肥料をメインに栽培しているので、

手は掛かりますが、
野菜本来の
味と香りの強い、
おいしいおいしい野菜です。

しかも、
お店から近い産地ですので、
当然ですが
鮮度バツグンです!!お近くにお住まいの方、
町田にお寄りの方、
是非一度
「耕平の野菜」
を食べてみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。